CHAOS -  Fumiya Tanaka / ZIP

CHAOS - Fumiya Tanaka / ZIP

Tanaka Fumiya × ZIP!!!
chaosへのお誘いを頂いたので、TEQとしても喜ばしく告知させて頂きます。
5年ぶり?6年ぶり?
ZIP聴ける。
直近で配送にフライヤー折り込みも行っているので、開催に気づいている方もいるかと思いますが、フライヤー持ち込みで前売りの値段で入場出来るので、行く予定の方はお持ち下さいとのことです。
週末の予定に是非足を運んでみては如何でしょう!
2024.5.17
OPEN/START 23:30
ADV./DOOR ¥3,000 / ¥4,000 / U23 : ¥2,000
LINE UP
Fumiya Tanaka (Sundance / Perlon)
ZIP (Perlon)
INFORMATION
LivePocket
※20歳未満入場不可・要顔写真付きID / Over 20 only Photo ID required to enter

▼Fumiya Tanaka (Sundance / Perlon)
DJ、トラックメイカーとして30年以上のキャリアを持ち、現在もシーンの最前線に立ち続ける日本のテクノを代表するアーティストの1人。強靭なグルーヴをベースに、サウンドとフロアが呼応し合いながら展開する独特のDJスタイルは、未だ類稀な存在感を放っている。フロアに直結したシンプルなグルーヴを好む姿勢は変わらないものの、ここ数年の"田中フミヤ"のプレイは、かつてKarafuto、Individual Orchestraといった名義で行ってきた音楽やハウスグルーヴへの取り組みが反映されている。
2010年からベルリンへと拠点を移し、欧州を中心に世界各国のパーティー、フェスにて活躍。その一方、自らがオーガナイズするパーティーCHAOSをベースに定期的に帰郷し日本での活動も続けている。
https://www.fumiyatanaka.com/

▼ZIP (Perlon)
ベルリン在住のZipことThomas Franzmannは、過去10年以上に渡り、テクノやミニマルハウスにおいて最も重要な役割を果たしてきたレーベル"Perlon"のメインマンである。彼のキャリアのスタートは、80年代から90年代初頭にかけてのSecond VoiceやBigod 20といったジャーマンニューウェーヴ/EBMバンドでの活動まで遡る。"Perlon"設立以降、DJではZip、ソロではDimbimanというに2つの名義を使い分けながら活動を続けてきた。
テクノやハウス・ミュージックにおけるスケールや拍/音域の組み合わせなど、人々が無意識的に従う既成のありかたをThomasはほんの少しひねり、組み替えてみせる。そうしたほんのちょっとの発想の転換や既成のフォーマットそのものに対する素朴な疑問が、驚くほどフレッシュな瞬間やグルーヴを生み出せることを彼は自身のDJや作品の中で証明し続けている。

一覧へ